ハードディスクとは

パソコンや録画装置など、ほとんどのコンピュータに搭載されている外部記憶装置です。構造は磁気体を塗布したディスクを何枚も何枚も一定間隔に重ねた状態になっています。 これをモーターで高速に回転させながら磁気ヘッドを移動させてデータの書き込みや読み出しを行うのです。

ハードディスクの歴史

初めてHDDが作られたのは1956年にIBM社が製造したIBM 305 RAMACの一部のIBM 350ディスク記憶装置です。 当時のHDDは大きく、サイズは直径約60cmのディスクを50枚も重ねた状態の以上に大きなもので、大型の冷蔵庫2個分と同じ大きさのドライブユニットが必要でした。 大きなHDDでしたが、記憶容量は小さく、約4.8MBで原稿用紙の約5000枚程度の記憶容量しかなかったそうです。 大きかったHDDも現在では持ち運びができる小型サイズにまで変貌を遂げ、2000年代に入って様々な家電製品のデジタル化に伴いHDDはより身近になりました。

ハードディスクの寿命

HDDは使い続けていくうちに劣化していきます。故障の原因はHDDの読み書きの手助けやディスクを回転させる「ライナー」と呼ばれる潤滑剤を周りに塗付した物があり、 この潤滑剤の劣化でヘッドが磁気面にぶつかってしまう「ヘッドクラッシュ」を引き起こしてしまうのでHDDが壊れてしまうのです。 実際に劣化するのはHDDではなくこのライナーなのです。寿命は各メーカーによっても差があり、一概にどのメーカーの商品が良いのかとはいえません。 もし、故障の兆しが見え始めたら、大切なデータを失わない様にCDやブルーレイディスクなとにバックアップしておきましょう。 また定期的にメンテナンスを行うことで寿命を延ばすこともできます。

ハードディスクが壊れた時の対処法

故障の原因にはHDDその物が破損する物理的障害とHDDの内部のシステムやデータ理論的障害の2種類です。 物理的障害の対処法としてHDDの交換、修理が主になっています。破損したHDDを修理してもすぐに壊れてしまう可能性があるため、新しいHDDに交換する方が良いでしょう。 理論的障害の対処法は修理専用のソフト等を使って壊れたファイルの修復等を行うことができます。